登録事業者
事業者名2021.09.24

株式会社アーバンリサーチ

BODY

事業PR:
大阪発のアパレル企業
ファッションの提案を中心にライフスタイル全般を提案しています。
アパレルの販売だけでなく宿泊施設、カフェ、バーバーなど様々な店舗を運営しています。

アーバンリサーチが取り組む事業のなかのひとつとして、JAPAN MADE PROJECT という取り組みがあります。
この取り組みは、2014年9月に長崎よりスタートした、「地域活性化」をメインタスクとして、日本各地の企業やクリエイターによって形成されるローカルコミュニティとともに、全国にある良品の価値を見つめ直し発信していくプロジェクトです。
2021年現在では、長崎、金沢、東北、熊本、京都、東京と6つの地域にて取り組みを行なっています。

この取り組みで大事にしていることは、各地域の方々と一緒に課題に対して向き合い、ゴールに向かって共創していくこと。そのため、各地域の魅力を発信することを考えた時に、地域ごとに様々な「色」があることが特徴です。

JAPAN MADE PROJECT KYOTOで掲げるテーマは「KYOTO INNOVATION」 。
工芸、食など様々な文化において長い歴史のある都市、「京都」。
土地に根付く文化や景観は古き良き日本を感じさせ、世界中の人を魅了し続けていますが、その京都に、今、変化が起きていると感じています。

それは、伝統的な技術や信念を大切にしながらも、新たな視点や技術を掛け合わせ、これまでにない新たな京都の魅力が創られているということ。

京都で活動するクリエイターや企業と協業し、伝統的だけではなく新しいだけでもない「今」の京都の魅力を探求し発信していきたいと考えています。

事業概要:
京北メイドのディフューザー“KEIHOKU Aroma Diffuser”

豊かな森林に恵まれ、林業が盛んな京都市の北部にある京北地域。
森とともに生きるその地で、その資源を活かしたプロダクトを京北にゆかりのあるブランドとともに、京北生まれのディフューザーを製作しました。

京北でプロダクトデザインなどを手がける「里山デザイン」の協力のもと完成した“KEIHOKU Aroma Diffuser”は、京北由来の個々の木々を一つ一つ丁寧にアロマオイルとディフューザーにしたプロダクトです。

本体は、表板に京北産ヒノキ材を使用した木製ヒンメリと、「昇苑くみひも」の京くみひもを組み合わせてデザインすることで、京都の伝統的な技術を活用した新しいディフューザーに。

アロマオイルは、京北の杉の枝葉から手作業で抽出したオイルを、京北のアロマブランド「kyo-aroma Breath」がオリジナルで調香。優しく自然な香りにブレンドしました。

prev post person top next post

RELETAD POST関連する記事

2021.07.27

嵯峨木のこゝろ風

続きを読む

2021.10.19

京都ペレット町家ヒノコ

続きを読む

2021.07.06

京都一周トレイル会

続きを読む