登録事業者
事業者名2021.12.01

Cedar Kitayama Kyoto

BODY

事業PR:
北山杉の良さを、今求められているカタチに。Cedar Kitayama Kyoto(シダー北山京都)は、京都市を拠点にした京都産北山杉を使ったサステナブル木材燃料や木工品を販売するブランドです。文豪、川端康成は「清滝川の岸に、急な山が迫って来る。やがて美しい杉林がながめられる。
じつに真直ぐにそろって立った杉で、人の心こめた手入れが、一目でわかる。銘木の北山丸太は、この村でしか出来ない。」と小説『古都』で表現しています。しかし、林業の衰退、後継者不足により、この美しい景色は京都からなくなりつつあります。私たちは生産者さんより適正な価格で継続的に北山杉を購入することで京都の美しい山の景色、きれいな水の保全に役立つことを目指しています。

私たちにとって北山杉という木材を扱うということは、効率的なエネルギーや快適さを求めるだけでなく、商品を使った方に木のぬくもりや温かさを感じていただき、実際に使用することで木の多用途なところや楽しさを知っていただきたいと思っています。そしてそれがサステナブルなくらしにつながることを願っています

Cedar Kitayama Kyoto is a retail brand based in Kyoto, that produces and sells sustainable wood fuel and woodwork products using Kitayama Sugi cedar.

Yasunari Kawabata, one of the greatest writers in Japan, expressed in the novel “KOTO – Old City”. “A steep mountain is approaching the bank of the Kiyotaki River. Before long, a beautiful cedar forest is seen. You can see at a glance the care of people. Kitayama logs can only be made in this village. ”
However, due to the decline of forestry and the lack of successors, this beautiful scenery is disappearing from Kyoto. We would like to help preserve this beautiful mountain scenery and clean water of Kyoto by continuously purchasing Kitayama Sugi cedar at a fair price from the producers.

For us, using wood like Kitayama Sugi cedar is not only for efficient energy and seeking comfort, it’s about making aware of the healing effect of the wood, visually and physically. We want many people to enjoy the versatility of the wood by actually using it. And we hope this can lead to a sustainable life after all.

事業概要:
Cedar Kitayama Kyoto(シダー北山京都)は地域団体商標「北山杉」「北山丸太」の使用許可を受けた事業者で、原材料となる北山杉、北山丸太は京都北山丸太生産協同組合より購入。加工は主に「みやこ杣木」認定事業所にて行っています。
茶室や一般住宅の床柱(とこばしら)として使用されることが少なくなった北山丸太を今求められるカタチにし、より多くの消費者の目に触れる機会を増やし、私たちと共感できる消費者、事業者を増やすことで山が活性化することを目指しています。

商品は北山杉・北山丸太を使用し、キャンプや登山、ハイキングなどで使用できる木質燃料や、インテリア雑貨、玩具などを開発。特に木質燃料においては、災害時にも使用できるように家の中に保管することを想定してインテリアになじむよう見た目に良いデザインに仕上げ、アウトドア用品にあまり興味のない消費者にも受け入れられるよう工夫しました。さらに商品自体のサイズを小ぶりにすることで、女性やお子さま、焚き火経験初心者でも抵抗なく、より簡単に火に馴染めるよう配慮しています。
今後はCedar Kitayama Kyoto(シダー北山京都)の商品を使った木育を目指すイベントも企画し、より多くの方へ北山杉、北山丸太の普及啓発活動を行うほか、一部の作業を就労支援施設などに外注し福祉と林業がつながるよう事業を拡大していきたいです。

Cedar Kitayama Kyoto is a licensed brand to use the trademarks of “Kitayama Sugi” and “Kitayama Log”. We purchase the raw materials of Kitayama Sugi cedar and Kitayama Log cedar from Kyoto Kitayama Maruta Cooperative Association and we process our products mainly at “Miyako Somagii” the certified factories.
Nowadays, Kitayama Sugi cedar logs are less often used as floor pillars in tea rooms and houses in Japan. We have been re-designing products of Kitayama Sugi cedar in the form demanded by the world. Eventually this will increase the chances of being seen and known by more people who agree with us. By doing so, we aim to revitalize the mountain by increasing the number of businesses.
We produce wood fuel, interior goods, toys, etc. using Kitayama Sugi cedar and Kitayama Sugi cedar logs. And those are used as interior items and also for outdoor activities too. As for our wood fuel, we design them to fit the interior decor so that it can be stored in the house for emergency situations such as power outages (used only outdoors). Also, by making it smaller, it is easier to handle firewood and fire itself, for women and children who are not familiar with bonfires.
prev post person top next post

RELETAD POST関連する記事

2022.03.02

MUTSUMI oitate うるしのしごと

続きを読む

2022.04.19

有限会社板五製材

続きを読む

2021.08.26

株式会社KyotoNaturalFactory

続きを読む