登録事業者
事業者名2023.10.04

一般社団法人パースペクティブ

BODY

事業PR:
私たち「一般社団法人パースペクティブ」は、モノづくりのサイクルが自然のサイクルとシンクロする世界を目指し、そのようなモノづくりのあり方を『工藝の森』と呼んでいます。
私たちは、モノづくりというものは植えるところから始まり、育て、いただき、作って、使って、直す、といった行為が循環し、そのサイクルとともにモノづくりの道具や知恵、またモノづくりと連関する景観や環境が世代を超えて受け継がれてきた、と考えています。
そんなコンセプトのもと、下記の3つの事業を行っております。

(1)『工藝の森』の森づくり
ものづくり材料としての漆や桑を植え育てる一方で、単に収穫することだけを目的とせず、学びのフィールドとして、森の生態系から人と森との関係性を学ぶプログラムなども実施しています。
https://www.forest-of-craft.jp/

(2)森とつながるシェア工房『ファブビレッジ京北』
「つくる」ことを通して環境とのつながりを学ぶ市民工房です。本格的な木工機械でものづくりに挑戦できます。伝統工芸の若い職人や、地域の木材流通に詳しい職人が常駐し、あなたのモノづくりをサポートします。
https://www.fvk.jp/

(3)漆ウッドサーフボード『siita/ 漆板』
山で学び、海で遊ぶ私たちが、川のそばの小さな工房で京都産木材と漆を使用したサーフボードをオーダーメイドで作っています。特にはクマに剥がれてしまうことで価値を失ってしまうクマハギ材を使用して、その価値を山に還元することを目指しています。
https://www.siita-urushi.com/

事業概要:
①未利用材を含む地域の森林資源を活用したプロダクト制作(漆ウッドサーフボード『siita/ 漆板』や委託製作による店舗什器、内装材)
②地域の森林資源流通に関わる調査・マッチング
③地域の森林資源を活用した空間づくりの出張ワークショップ(床はりや拭きうるし等)
④弊社が運営する森での森林空間や、木工施設『ファブビレッジ京北』を活用したアーティスト・イン・レジデンス

prev post blog top next post

RELETAD POST関連する記事

2024.03.14

okuyuki LLC

続きを読む

2021.07.28

有限会社昇苑くみひも

続きを読む

2022.03.09

(株)UTSun

続きを読む