ブログ
カテゴリー /
TITLE2022.02.16

規格木材+αの家具

BODY

京都芸術大学芸術学部プロダクトデザイン学科の学生さんが、約半年をかけた木製品づくり。その成果発表に参加しました。

テーマは「規格木材+αの家具」

製材所の見学など、森林や林業のことも学び、ホームセンターでも手に入れることができる木材で家具づくりに挑戦です。学生の皆さんの豊かな発想で作られた、イス、花台、傘立て、収納家具などなど、画像と現物でプレゼン。その完成度と”おもしろさ”にびっくり感動。

木のスリットから優しく光がこぼれる花台、フレームは木で座面はネットのイス、配送用の段ボールを棚板にした収納、背もたれを前にして座れるイスなどなど・・完成度の高いものからチャレンジングなものまで創意工夫の数々。作り手の個性とアイデアが光ります。自分の暮らし方などからこんなんあったらいいなが形になったモノづくり。縫製、角度、見え方など細部にもしっかりこだわっています。

強度や安定感なども試行錯誤しながら半年間という期間の、たくさんの頑張りが伝わってきました。木を使いこなすには技術や経験が必要ですが、ぜひぜひ今後も、木を使ったモノづくりに取り組んで欲しいです。

学生の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

prev post blog top next post

RELETAD POST関連する記事

2022.10.24

-木と暮らすデザインKYOTO- 木と暮らすLAB.02 地域の木材の魅力と活用について 開催のお知らせ

続きを読む

2022.10.18

KYOTO WOOD EXHIBITION 2022 ー展示ー 藤井大丸5階にて開催中です。

続きを読む

2021.05.14

【京都市】店舗や住宅等での市内産木材「みやこ杣木」の使用を支援します。

続きを読む